カミュウ動物病院BLOG/横須賀市久里浜の動物病院

camew.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 06日

シャンプーの常識

昔は「洗いすぎると良くない」とか「皮膚の油がとれて皮膚病になる」、「耳に水が入ると死ぬ」なんて言われていた。現在でも信じて疑わない方が多い。

実際皮膚病の約半数がシャンプーを怠った事によるものである。この場合のシャンプーの間隔は様々で、半年・一年〜生まれて一度もシャンプーした事無い子まで様々(猫は自分でケアするので比較的平気です)。

今病院で処方されるシャンプー類は週一回〜二回、場合によっては一日おきに使える物まで様々。外耳炎や鼓膜の損傷が無ければ耳の中にもシャワーでお湯を入れてよく洗浄していただきたい(全く問題ありません)。もちろん終わったら綿棒等で汚れと水分をとっていただく。万が一シャンプーが目に入っても慌てず水でよく流す。

家のカリーナ(マルチーズ)は毎週二回お風呂タイムがやってくる。マルチーズはシャンプーしないとグレーのモップみたいになってしまうので、シャンプーは欠かせない。今お気に入りはオーツシャンプー。真っ白でしなやかさを持ったふわふわのコートに仕上がる。他の犬種でも効果あります。

秋雨の時期、増々シャンプーをお忘れなく。
b0002179_1728082.jpg

[PR]

by camew_a_hospital | 2004-10-06 17:26


<< 台風      督促状の確認 >>