カミュウ動物病院BLOG/横須賀市久里浜の動物病院

camew.exblog.jp
ブログトップ
2004年 08月 03日

皮膚トラブル

最近は暑さとアレルギーのせいで皮膚病になる子(主に犬)が多い。そんな子がフロントラインプラスなどのノミ・ダニ駆除剤もつけていないと、とにかく悲惨な結果になる。
シャンプーも月3〜4回はすべきである(室内猫は年1〜2回で十分ですが)。

フードの選び方にも一工夫。
某有名メーカーのトップブリーダーが薦める缶詰は一回にスプーン一杯で十分である。それ以上あげると栄養価が高すぎて下痢と皮膚炎になる事がある。それ以外はドライフード主体で。半生も消化器系トラブルが多いのでご用心。
角切り系とろみ系缶は特にご用心。
これらは猟犬・競技犬や妊娠中ならともかく、家庭犬にはちょっと濃すぎる。

もちろんジャーキー系は袋の表示1日分を一週間分と読み取った方が間違いない。心臓肥大を起こしている子が、問診時にそのほとんどが毎日ジャーキーを食べていると答えるからだ。

また一方で無添加ブームでこれらのフード多い。でも最初からペットフードには表示義務が無いからそれを善と判断するか悪と判断するかは難しいところである。
ただ、必要なアミノ酸ビタミンミネラルが十分含まれていないと、毛質が悪くなったり色素が脱落する事がある。毛足が短くなったり、黒かった鼻がピンクになってきたり。
だから本当に全くの無添加フードだけだと、栄養価が不足する事がある。

ネット上で目にする健康食品類や無添加食品類の誇大広告。
「痩せた〜アトピーが治った〜癌が消えた」など、正しい目を持っていればそれらほとんどが正確ではない事がすぐに分かってしまう。これらの事で検索ヒット5000件のうち正しい事が書かれているのは1〜2件。残りは全て、売らんが為の嘘妄想事ばかり...。
だから私は信者になれないのだ〜。

そろそろ各薬品メーカーが夏休みです。処方食やお薬が必要な方はお早めにお申し出ください。欠品や入荷待ちが発生する事があります。
[PR]

by camew_a_hospital | 2004-08-03 17:44


<< やっと〜      zero >>