タグ:煙草のペットへの害 ( 2 ) タグの人気記事


2007年 08月 03日

フィラリア特別コース終了のお知らせ

本年のフィラリア特別コースは7/31日をもって終了致しました。
今後はドライケムシステムによる通常の院内検査となります。特殊検査のみ外注です。

心臓疾患の子の心臓発作が多くなって来ました。エアコンによる室温管理と除湿器による除湿を併用する事で、発作のリスクを下げる事が出来ます。また受動喫煙しないようご注意下さい。

8月5日は祭礼の山車のため当院周囲での交通規制があります。また、騒音や人出のため動物が興奮する場合がございます。ご注意下さい。
[PR]

by camew_a_hospital | 2007-08-03 11:56 | カミュウ動物病院からのお知らせ
2006年 04月 27日

健康管理は日常から

最近受動喫煙の被害による喘息や気管支肺炎の子が見受けられます。
喫煙者がいる家庭・室内での喫煙・日常的チェーンスモーカーの存在。
特に小型犬・生後2年以内の発症が認められます。

ジャーキーや人の食べ物を与えていないのに頻繁に嘔吐したり咳き込む場合は要注意です。
将来心臓疾患はもちろん肺気腫肺がんに移行する可能性があります。他にリンパ腫など。

交配繁殖をお考えの方、催奇形性の上昇も考えられます。

喫煙に対する考えが最も遅れた国・日本。禁煙指導を保険適用(害を認めている)しておいて、訴訟ではたばこメーカーの責任を認めない国。
動物は生活環境を選べません。受動喫煙被害に御注意を。
b0002179_1743066.jpg

[PR]

by camew_a_hospital | 2006-04-27 17:21