カミュウ動物病院BLOG/横須賀市久里浜の動物病院

camew.exblog.jp
ブログトップ
2004年 08月 12日

昨年

早いもので昨日でカリーナ(家のマルチーズ)が2歳になった。バンビさん家に伺ってからはや2年以上経ったのか。

この2年は我々、特に妻にとっては激動の日々だった。しかしカリーナがいたおかげで、皆気持ちが和らいだ事は確かである。
またつらい思いをするのは嫌だったので、もう飼わないつもりでいたのだが、今は飼ってよかったと思う。でなければ、こんな風に過ごせなかったのでは。

よく患者さんに聞かれる事がある。「先生は動物が好きだから獣医さんになったんでしょ?」って。返答に困る、間違いではないのだがオーナーさんと同じ立場であって自分家の子が好きなのである。内科医に「先生は人間が好きなんですね?」って聞いてもその医師は答えられないと思う。産婦人科医に「女性が好きなんですね?」って聞くと何か違うと思うように。学校の先生には「子供が好き」と言う方がいるかもしれませんが。

実際動物が好きで好きでたまらなくて獣医学部に入った人もいたが、現実に獣医師になるにはその部分は超えなくてはならないので、大学で現実を目の当たりにして挫折する人や就職時に臨床医にならない人が多い。そもそも動物学者になるべきだったのかも。
命を扱う事の難しさは、人でも動物でも同じ事で、誰がどんな風に飼っていてもどんな病気でもその患者の身になって考えなければならない。たとえオーナーに受け入れられなくても現実認識を共通にする事が必要である。
b0002179_1450938.jpg

[PR]

# by camew_a_hospital | 2004-08-12 14:53
2004年 08月 10日

ラブリンの子

今日は昼休みにカリーナ(家のマルチーズ)の実家(バンビ犬舎)にお邪魔した。

またまたカリーナのお母さんラブリンは、4人の子持ちになっていた。
バンビさん家の子はみんないい子で、みんなで一斉にお出迎えしてくれる。
中でもお嬢さんはいつ行ってもくっ付いて離れない。

うちの子と言えばいつもおどおど逃げ回り、助けてダッコ攻撃。最後には興奮しすぎてぐったりする。育てる人が違うとこんなになっちゃうのかな。生まれ育ったところなのに。

バンビさんは今日もひっきりなしに電話が鳴って忙しそう。いつもこんなときばかりにお伺いしてるのに、コーヒーのおもてなしを受ける、申し訳ありません。
しかしバンビさんに「カリちゃ〜ん」と呼んでもらえると、連れて行ってよかったな〜と思う。「そろそろ交配しては?」といつも聞かれるのだが、その事は全て妻に任せてあるので。多分生まれた子全部手放せなくなるでしょう。
b0002179_15482468.jpg

[PR]

# by camew_a_hospital | 2004-08-10 15:59
2004年 08月 07日

真実とは

最近テレビを見てると嫌になる。「血液型性格判断」というあれである。
そもそもその昔論文として発表された、血液型による性格分類には根拠や実験データも無く、それら文献を検証実験した学者からもそんな事実は確認されなかったとして論文としては認められていない。要は全くのデタラメという事である。
それをあるA心理学者が本にしたところ爆発的ヒットを飛ばし、今日の血液型ブームになっている。恥ずかしい事にこれが通用するのは日本人だけで、「私何型に見える?」とか「ABは....な性格ね」とか聞くに堪えない。
これら嘘に基づいて会社で部署分けしてみたり、学校でクラス分けしてみたり。
心理学と医学を勉強すれば分かる事で、お粗末である。

医療関係者になるにあたって憶えておかなくてはいけない事がある。医学を学ぶ者には喫煙者はいないという事である。医療行為を行うにあたって自身が喫煙者であれば、喫煙の害が理解出来ていないので、医療行為を行う資格が無い、とまで言われる。
ただ、現実には10%程度の喫煙者が存在しているのも事実。

健康食品ブームも同じで、根拠も事実も存在しないがテレビで目にしない日は無い。
キノコや水には病気を治す力など無い。アミノ酸飲んでも絶対痩せない。クロレラなんて池のあおこじゃ?
子供の頃は猿の腰掛け(古〜っ)や紅茶キノコ、いまアガリクスや深層水。何にも変わっていない。宗教・波動・お金・壷・健康食品の揺ぎなき関係。
実際コーラかけてもガンは小さくなる事がある。その程度の事。
ゴキブリの生命力の方が脅威だと思うのだが。

医療レベルは上がっているのに......

明日は山車が通ります。沢山の人が歩いているので、気の弱い子や興奮しやすい猫はお気をつけ下さい。またお車でご来院の方もご注意ください。b0002179_1391815.jpg
[PR]

# by camew_a_hospital | 2004-08-07 13:11
2004年 08月 05日

やっと〜

「美しき日々」がやっと見終わった。矛盾だらけのハッピーエンド、多分日本語版はカットだらけなのだろう。
慢性骨髄性白血病にはここ最近グリベックが使われる。このドラマでは一切登場しないから、発売前なのだろうか。この薬のおかげでずいぶんと生存率が上がった画期的な物である。猫白血病にも使えたらと思うが猫はウイルス性がほとんどで、分子標的剤は種が違うと効果無いし、万が一使えても14カプセル数十万円の代物である。

そういえば日本語版ではカットされているが、「冬ソナ」のジュンサンのお母さんは、ユジンのおとうさんをユジンのお母さんに奪われ、嫌がらせとストーカー行為を繰り返したあげく入水自殺を図り、そこをサンヒョクのお父さんに救われてジュンサンが出来ちゃったらしい。

まあどれも重病難病が助かったりするので、見ている方もその気になってしまうが、現実はもっと厳しい。はじめの頃は見ていたERは割と現実的で、ほとんど助からないシーンが多かった。

動物医療に関してもテレビでやたらにあおり立てるが、「たいへんだ、今すぐオペしないと死ぬ!」なんて言葉は演技としか思われない。演出上仕方ないのかな〜。すでに動物関連番組自体ほとんど見ないが。
獣医師が治すのではなく、患者の生きる手助けをしているだけなのだ。そのために必要な知識や薬・手術テクニックを持っているだけ。
b0002179_1541206.jpg
[PR]

# by camew_a_hospital | 2004-08-05 15:45
2004年 08月 03日

皮膚トラブル

最近は暑さとアレルギーのせいで皮膚病になる子(主に犬)が多い。そんな子がフロントラインプラスなどのノミ・ダニ駆除剤もつけていないと、とにかく悲惨な結果になる。
シャンプーも月3〜4回はすべきである(室内猫は年1〜2回で十分ですが)。

フードの選び方にも一工夫。
某有名メーカーのトップブリーダーが薦める缶詰は一回にスプーン一杯で十分である。それ以上あげると栄養価が高すぎて下痢と皮膚炎になる事がある。それ以外はドライフード主体で。半生も消化器系トラブルが多いのでご用心。
角切り系とろみ系缶は特にご用心。
これらは猟犬・競技犬や妊娠中ならともかく、家庭犬にはちょっと濃すぎる。

もちろんジャーキー系は袋の表示1日分を一週間分と読み取った方が間違いない。心臓肥大を起こしている子が、問診時にそのほとんどが毎日ジャーキーを食べていると答えるからだ。

また一方で無添加ブームでこれらのフード多い。でも最初からペットフードには表示義務が無いからそれを善と判断するか悪と判断するかは難しいところである。
ただ、必要なアミノ酸ビタミンミネラルが十分含まれていないと、毛質が悪くなったり色素が脱落する事がある。毛足が短くなったり、黒かった鼻がピンクになってきたり。
だから本当に全くの無添加フードだけだと、栄養価が不足する事がある。

ネット上で目にする健康食品類や無添加食品類の誇大広告。
「痩せた〜アトピーが治った〜癌が消えた」など、正しい目を持っていればそれらほとんどが正確ではない事がすぐに分かってしまう。これらの事で検索ヒット5000件のうち正しい事が書かれているのは1〜2件。残りは全て、売らんが為の嘘妄想事ばかり...。
だから私は信者になれないのだ〜。

そろそろ各薬品メーカーが夏休みです。処方食やお薬が必要な方はお早めにお申し出ください。欠品や入荷待ちが発生する事があります。
[PR]

# by camew_a_hospital | 2004-08-03 17:44
2004年 08月 01日

zero

ここ一週間「美しき日々」三昧である。1日に5話分見た日もある。その前は神奈川ローカルTVで「真実」、その後の番組「タイトル忘れたが、イ・ビョンホン?主演」も始まった。
今週から「オールイン」も再開される。妻がはまっているのだ。zeroにも。

出演者がオーバーラップしていて役名がおぼえられない!「ヒョヌさん?ソンジェさん?スンジェさん?イナさん?う〜ん???」

「秋の童話」は、昨年レンタルで制覇した。
「冬のソナタ」、通してみるのは初めてだが、実は3度目。第1話をオリジナル版で見たので、なんでこんなに切られた場面が多くて、音楽も全く違っているのか理解出来ない。全く違った似た様なドラマだった。
そういえば「冬ソナのユングク?」は獣医師らしいのだが、その場面はほとんどカットで彼はいつも犬をダッコしてるだけ。

隣の国なのに韓国の獣医師って、実情がよくわからない。欧米型(日本の教育はこちら)なのか、どこで勉強したんだいって言う東洋医学盲信者もいるのか???である。キノコや奇跡の水と称して.....。

また来週祭りのようだ、この地域の事はよくわからないが祭りそんなに好きなのかな?
8日は交通規制が予想されます。ご注意ください。

http://hancafe.or.nu/
[PR]

# by camew_a_hospital | 2004-08-01 14:34
2004年 07月 31日

台風

迷走台風のおかげで天候不順である。晴れてると思えば突然の豪雨、すぐにまた晴れ。
心臓疾患(心肥大による僧房弁閉鎖不全症)の犬が悪化したと来院される事が多くなって来た。気圧や湿度・気温も変わりやすい。

犬は汗をかけない、熱を呼気排泄し吸気で冷やす。だから、高温多湿は効率が悪くなり、過呼吸と心悸亢進で心臓発作を起こす。その大半が冷房温度が26℃以上か、ドライ運転。または留守中は全く何もつけていないか、外飼い。

心臓疾患の最適温度は22℃±2℃で、12月まで冷房で良いと思われる。扇風機の併用も効率面では有効です。除湿器もあると良いでしょう。冷水や氷水を与えるのも。うちの場合は冷房18℃パワー最大で12月まで過ごしていた。
ただし、オーナー自身が高齢だったり病気の場合が少なからずある。上記の条件が満たせない事が多い。

心臓疾患は早期発見早期治療が重要です。今は簡単に心電図がとれますので、お気軽にお申し出を。
[PR]

# by camew_a_hospital | 2004-07-31 11:02