「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:腫瘍マーカー( 1 )


2006年 12月 19日

バリウム造影は内視鏡より劣る?

当院でもオリンパス製最新型細径電子内視鏡を備えております。
○超音波ラジオ波メスと組み合わせた内視鏡手術
○レーザーや色素と組み合わせた検査手術
それらを2つの鉗子挿入チャンネルを使って可能です。
その様子はカラープリンタとHDDレコーダに記録可能。

しかしバリウム検査は胃がんや、消化管内異物の検索にはとても用いやすい手法です。内視鏡では届かない部分や消化管運動の有無を時系列で観察できます。

そんな一例です。造影開始後24時間のレントゲン像。
嘔吐開始から2週間。この症例は胃がんで胃底部の1/3〜幽門部全体にバリウムが残存していました。内視鏡検査でも胃粘膜に均一に広がるスキルス性が示唆されました。

当院では定期検診で腫瘍マーカー検査が選択できます。一年一回の検査で早期発見の手がかりとなります。
b0002179_154944100.jpg

[PR]

by camew_a_hospital | 2006-12-19 15:51 | 腫瘍マーカー