カミュウ動物病院BLOG/横須賀市久里浜の動物病院

camew.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 01日

抗レトロウイルス薬に対するお問い合わせ

猫エイズに対する抗レトロウイルス薬投与について、多数のお問い合わせをいただきます。
一例を挙げておきます。

現在治療中の者で功奏している子が居ます。
初期の頃はインターフェロンの連続投与で全身状態が改善され、NSAIDの投与で口内炎の維持をしていました。病態は悪化改善を繰り返し、インターフェロンの連続投与・NSAIDでの維持と繰り返していました。
その後ウイルスによる血液凝固不全で鼻腔と口腔からの出血が見られ病態が一気に悪化、抗凝固作用を増強していると思われるNSAIDの投与断念となりました。
対症療法後出血が止まり抗レトロウイルス剤の単剤投与を始めた所、食欲の安定化が見られ口内炎のコントロールが可能となっており抗レトロウイルス薬のみで功奏し現在に至ります。

全ての例に当てはまる訳ではありませんが、単剤でもコントロールできる良い例だと思います。金額的にも1ヶ月分の抗レトロウイルス薬がインターフェロン2回投与分よりも安くコストパフォーマンスに優れていると思われます。
躊躇されている方はまずは単剤投与から初めて見ては。
[PR]

by camew_a_hospital | 2007-06-01 16:10


<< 朝○ッ○また会う日まで      土曜日、日曜日の診察時間 >>